《 就業規則作成又は変更手順の説明 》

村上社会保険労務士事務所は「会社の本業に専念して頂き、より良い会社になって頂くこと」に日夜努力し、ご依頼があった場合は次のようなステップで就業規則を作成又は変更します。

 

ステップ(1):初回打合せの前に、業種別融資審査基準書で業種の特徴/留意点等を調べ予備知識を持ちます。当事務所の就業規則ひな型は判例/セミナー等を参考にして常に最新の状態にしています。

 ステップ(2):会社から就業規則を作成又は変更する「目的」「社内事情」「勤務実態」を教えて頂きます。

 ステップ(3):会社の(旧)就業規則と提案する就業規則の対比表をA3サイズで作成し、変更点や留意点などをコメント欄に記入します。

 ステップ(4):対比表を会社でプロジェクター投影し、修正すべき箇所はその場で修正します。

 ➡➡➡これにより作成に要する日数が短縮できます(小型プロジェクターを当事務所が持参)。

 ステップ(5):従業員代表を選出する作業に着手して頂きます。

 ステップ(6):会社がご希望される場合は、従業員説明会を開催し説明させて頂きます。

 ステップ(7)労働基準監督署に村上社会保険労務士事務所が代行して就業規則の届出をします。

 ステップ(8):労働基準監督署に届出した就業規則を返却し、それ以外にPDFで会社保管用又は従業員閲覧用の就業規則をTeams(不可の場合はメモリーで提供)を使って返却します。

 アフターサービス:新たに定めた就業規則を実務で3か月程度(最長6か月)試用して頂き、もし不都合がある場合は、その内容と程度にもよりますが無料で再度変更させて頂いています。

  

メールやWeb会議システム等を活用しながら、以上のステップを踏んで就業規則を作成していきます。